失敗事例から学ぶ仕入れの時の注意点

こんばんは!

昨日は東京にて「せどり大学」の第一回目のセミナーでした☆

北は岩手県、南は岡山県からと遠くからの生徒さんも参加していただきました。

初のセミナーでしたので至らなかった点もあるかと思いますが、参加者の皆さんにはとても嬉しいお言葉をいただきました。

次回はもっと良いものになるように精進します☆

さて、今日の本題。

実は先月の半ばに仕入れた商品を納品不備をしてしまい、1ヵ月以上も販売機会を逃してしまいました(>_<)

その商品とは

https://mnrate.com/item/aid/B075M12MS7

↑こやつ

仕入 25031円
売価 34800円
利益 6000円

んま、しっかりと利益は取れたので全く問題はなかったのですが、なぜこれが納品不備になってしまったのかというと、

「ポップと購入した商品が違ったから」

です。

んま、これは後から気が付いたのですが、ポップの商品は

https://mnrate.com/item/aid/B01JR7WA5O
↑こちらの商品

しっかりと利益も取れますし、その段階で仕入れ対象と判断してポップの下に置いてあった商品を2台持ってレジに行きました。

普通ならポップと商品が違った場合、値段も違ったりしてその段階で気が付くのですが、今回に限っては値段も全く一緒で気が付くことなく持ち帰り。

そんで、年末のバタバタしている時期だったのでラベルシールはAmazonにお任せし納品したのですが、今回これのおかげで受領されることがなく、自分が出品登録した商品と違うことに気が付くことができました。

いつものようにラベルシールを自分で貼っていたら普通に受領されて、

購入者さんの手元に届いてから

「商品が違う!」

ってことになりますからね。

この場合、更にややこしい話になりますし、悪い評価も付きかねません。

今回は手を抜いたのが逆についてましたね^^

ただ、この商品納品不備と分かってから直ぐに返送手続きをしたのですが、手元に帰ってくるまでに何故かひと月以上もかかるという不思議な状態でした(>_<)

商品が大きかったからなのかな?

んま、いずれにせよ大きな問題にならなくて良かったなと^^

以前も記事にしましたが、ポップを検索してそれが仕入れ対象の商品でもたまーに商品が違うことがあります。

きっと浮かれて手を抜いてしまったのしょう(>_<)

この辺の作業は徹底してやっていかないとだめですね。

皆さんも気をつけてください!

ほんじゃ!

☆売れたものコーナー☆

https://mnrate.com/item/aid/B002Z9JWTE
仕入 3880円
売価 11980円
利益 6700円

仕入れはハードオフ。
未使用品がジャンクコーナーに置かれていました。
ジャンクの理由は
「動作確認をしていないため」
箱の中身を見せてもらったらどう見ても未使用品だったので「ほぼ新」売りです。
ハードオフはこのパターンのジャンクも結構多いです☆

_________________________________________________

現在メルマガ登録をしてくれた方限定で

プレゼントを用意させてもらっていす。
その名も
「パーフェクトプレゼントプロジェクト」
約100店舗
商品リストは約1000点
約1000ページ
大ボリュームの
仕入れマニュアルです。
この機会に是非ご登録下さい。

※2017年6月21日
更に新しい店舗・商品・コンテンツを追加しました!

mail_btn

お名前(ハンドルネーム可)とメールアドレスのみで登録できます。

_________________________________________________

★メルマガも配信してます★

登録はこちら

★パンクせどらーレツのプロフィール★

http://letsu.net/profile/

★記事に対するご意見・ご質問お待ちしております★

こちらからどうぞ

_________________________________________________

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。