大型商品の複数バーコードを隠す方法☆

こんばんは!

今日は神奈川県までの仕入れでした。

えー、実は先週の金曜日に行ったばかりのエリアなのですが、訳あって今日も行って参りました。

理由は仕入れた商品の返品です(>_<)

金曜日にハードオフにて仕入れた中古高級ヘッドホン、見た感じはかなりの美品だったのですが、帰宅後撮影しようと商品を拭き拭きしていたら、樹脂部分が経年変化でボロボロになってしまい見るも無残な姿に、、、。

さすがにこの状態じゃあ売ることができないなーってことで、今日返品に行ってきました。

機能的問題ではなく見た目の問題なので、正直返品も受け付けてくれるかなー?ちょっと心配しながらお店に向かったのですが、ジャンク品でも無く、しっかりと3ヶ月保証のついた商品だったため、店員さんも気持ちよく対応してくれました。

値段も決して安くない商品でしたので、しっかりと返品を受け付けてもらって良かったです^^

その後は厚木あたりまで繰り出して、金曜日とは違うルートを攻めました。

ハードオフやオフハウスでの中古仕入れがとてもいい感じで、仕入れ15万円の見込みも9万円オーバーとナイス仕入れに☆

そんで帰宅後は納品作業。

このところ大型商品の仕入れが多いです。

大型商品は外注さんに頼まずに自分で納品しているのもあって、なるべく仕入れたその日に納品作業をしています。

そんで、当たり前ですが、仕入れの後って結構疲れてるんですよ(>_<)

なるべく効率化を目指し、色々と考えを練っていたところ、納品するときの手間を減らすアイデアが浮かびました☆

今日はそのアイデアの紹介です☆

大型商品てJANコードが箱の側面や天面に複数ついている商品が多いですよね。

Amazonのルールでは出品者がラベルシールを貼る場合、ラベルシールを貼ったところ以外のJANコードが読めないようにしなくてはなりません。

以前はラベルシールの余白の部分を使ったりして、バーコードを読めなくしていましたが、コスパも良くナイスアイデアが浮かびました♪

とある文房具を使ったやり方ですが、その文房具とは

↑これ!

そう、修正テープ☆

バーコードの上から

↑こんな風に貼ればOKです。

片手でさっとできて、めちゃくちゃ作業が楽になりました^^

しかも、買ったのはダイソー。

コスパもかなり良いです^^

小さなことですけど、こういうちょっとした面倒なことから開放されると作業はとても捗ります。

ちょっとした納品作業のアイデアの紹介でした。

では!

☆売れたものコーナー☆

https://mnrate.com/item/aid/B00877OB4Y

仕入 540円
売価 5400円
利益 3500円

セカストにて未開封仕入れ。
即売れすぎてモノレートに値段のデータが残ってませんが、5400円で即売れでした☆

_________________________________________________

★レツのせどり情報や日常をお送りするメルマガ配信中★

mail_btn

★パンクせどらーレツのプロフィール★

http://letsu.net/profile/

★記事に対するご意見・ご質問お待ちしております★

こちらからどうぞ

_________________________________________________

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。